ディーラーで買取ができない場合

新しい車に乗り換えるという際、それまで乗っていた古い車を処分する必要があります。しかし、あまりに古い車、あるいは故障などで廃車同然になっているものは、ディーラーなどで下取りに出しても買取の対象になりませんし、逆に処分費がかかってしまうケースもあります。そうした時には廃車を専門に扱う買取業者を利用するのがおすすめです。ディーラーでは価値が無いと判断されてしまったものでも、査定がつくこともありますし、車体自体に価値がつかなくても、部品取りやリサイクル資源として活用できる事もあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

ディーラーで買取れない車の処理

大切に乗ってきた車も、故障や不具合が多くなると、どうしても使用に不便が生じるようになります。その都度修理するにしても費用がかかりますし、思い切って廃車にしてしまい、新しい車に乗り換えるというのも1つの方法です。その際にはそれまで乗っていた車は、何らかの形で処分しなければなりませんが、ディーラーなどに買取りしてもらおうとしても、状態が悪い物や古い車は扱ってもらえないということがあります。そうした時には廃車を専門に扱う買取業者を利用するというのも一つの方法です。専門業者では、ディーラーなどの相場とは違った価格で査定を行っているので、思わぬ金額で売れるということも珍しいことではありません。

↑PAGE TOP